無料ブログはココログ

2019年6月 1日 (土)

寺尾 恵 水彩画 展 <変化するオヤジたち>

パリから届くオヤジたちが、動物や鳥の姿に変化した絵に!寺尾さんの描くオヤジたちこそ、本当の姿なのだろう。もっと自由になりたい、思いのままに生きるオヤジたちの新作35点をぜひ、ご高覧下さい。

2019.5/30(木)~6/9(日) 10:00-18:00<月・火曜休み> 最終日16:00迄

出品作品タイトル「浅い眠り。」「ふたたびの、またたび。」「あの人だけに、伝えに行こう。」「こころ音は、奏でられる。」「似たもの同士。」「自由な空はどこにある」「想いのたけ。」「胸の内うちのふきだまり。」「はしゃがず、浮かれず。」「苦味強めのカフェを。」   「届く。届かない。届く。届かない。」「時が熟すまで。」「思 慕。」  他
略 歴: 愛知県生まれ 2001よりフランスパリ在住 テイラー財団(パリ)会員、アソシエーションARTING(パリ)会員、1995 個展(ハートフィールドギャラリー・名古屋) 2003 寺尾恵・牛尾篤 二人展(山画廊・四日市) 2004 個展(山画廊)、2005 個展(パリ) 以降東京、モロッコ、名古屋等国内外で個展、グループ展多数開催。受賞歴、装丁・挿絵多数出版

Terao2019tukigari Terao2019sorehasorehaiijidaino Terao2019todokutodokanai Terao2019nitamonodousi

Terao2019sorouhazunonai Terao2019yokuyakinojinseigasukida Terao2019tooboehayameta

Terao2019kaijou4 Terao2019kaijou2 Terao2019kaijou3

Terao2019kaijou5 Terao2019kaijou6

2019年5月12日 (日)

「高山 大 陶 展」終了しました。

「高山 大 陶 展」本日無事終了いたしました。陶展では珍しく、ほとんどの作品が四角。一見地味な黒の作品が並びましたが、全点金彩がどこかに施してあり、豪華さも併せ持つ作品。来場いただいたお客様には、楽しんでいただけたと思います。ありがとうございました。

写真は次回展覧会「何 惠娜 鍛金の世界展」で新作のランプを展示、高山大さんとちょっとの間のコラボ!

2019年4月17日 (水)

須藤陽子 ノスタルジー版画と陶板画展

4月18日(木)より開催の「須藤陽子ノスタルジー版画と陶板画」のご紹介です。大正から昭和の生活をノスタルジックに描く展覧会。

作品はジクレー版画で80点を、また陶板画を額装した作品、陶皿、陶時計、フックハンガーなど約60点を発表します。(作家毎日在廊予定)

2019年4月18日(木)~4月28日() 10:00-18:00<月・火曜休み>最終日16:00迄

 

   

  

  

 

 

 

 

2019年4月 6日 (土)

森 工人(norito) 陶 展

4月4日(木)より開催の、森 工人(norito)陶展のご紹介です。盛絵、上絵付など丁寧に時間を惜しまず制作された茶碗、花入、大皿、酒器、うつわなど約120点を展覧します。是非、ご高覧下さい。

2019年4月4日(木)~4月14日(日)10:00-18:00<最終日16:00迄>

2019norito1 2019noritokaijou5

2019noritokaijou4 2019noritokyuusu2

2019noritooozara1 2019noritooozara2

2019noritohanaire1 2019noritohanaire2

2019noritotyawan1 2019noritotyawan2

2019noritohanaire4 2019noritohanaire3

2019noritohachi1 2019noritosyucyuuhai

2019noritokyuusu1 2019noritokyuusu3

2019年3月11日 (月)

槇原太郎 陶 展

3月7日より開催の「槇原太郎 陶 展」、今展で12回目の個展です。波紋がつながるように渦を描いたり、象嵌したり、彫ったりと花器、茶碗、酒器など槇原さんのほとんどの作品に入る。国内外個展、グループ展にて作品を発表しています。どうか、ご高覧下さい。
Makihara2019fb6 Makihara2019fb30
Makihara2019fb14 Makihara2019fb11
Makihara2019fb13 Makihara2019fb16_2
 
Makihara2019fb9 Makihara2019fb20
Makihara2019fb22 Makihara2019fb8

2019年3月 3日 (日)

中川吉史 油彩画 展 終了しました。

本日「中川吉史 油彩画 展」無事終了しました。最終日ということで今日はお昼から、多くのお客様に見に来ていただきました!ありがとうございました。 次回の企画展は「槇原太郎 陶 展」です。3月7日(木)~17日(日)です。ご来廊お待ちしています。
Makihara2019dm2

2019年2月22日 (金)

中川吉史 油彩画 展<風景・花・静物>

「中川吉史 油彩画 展」のご紹介です。 重厚な作品を制作する作家が 少なくなった今、見応えのある作品を 伊賀で描き続ける中川先生の油彩画展です。0号~8号の新作 40点を展覧致します。 2年振り、13回目の個展となります、どうか ご高覧下さい。
Nakagawa36f8yukinofujiwaradake 2019nakagawa34f6eigenjidenenhuukei1
2019nakagawa02f0asinoyuukeifb 2019nakagawa03f0kansetunofuji
2019nakagawa04f0tubaki  2019nakagawa17smakaihana
Nakagawa2konozakurof0fb_2 2019nakagawa12smookinamikan
2019kaijounakagawa1 2019kaijounakagawa1b
2019kaijounakagawa1f 2019kaijounakagawa1g

2019年2月 3日 (日)

浅野弥衛・小林研三・伊藤利彦 それぞれの世界展

2月1日より開催の「浅野弥衛・小林研三・伊藤利彦 それぞれの世界展」のご紹介です。三重を代表する3人、山画廊では、それぞれの個展を浅野先生6回、小林先生30回、伊藤先生15回と回数を重ねています。同時に3人の作品を見ていただくのは、今展で3回目。ぜひ、ご高覧下さい。
2019asanoparinotukifb 2019asanopaster2
2019kenzoakinonof121971 2019kenzotorif6fb
2019itotojikomeraretasarafb 2019itotablenouefb
Kaijou1 Kaijou4
Kaijou5 Kaijou6
Kaijou2 Kaijou2b

2019年1月23日 (水)

箱瀬淳一 蒔絵・漆 展

今年も 箱瀬先生の蒔絵・漆展で一年が始まります。 「輪島の寒さは 湿気を含んだ風が強く、骨の芯まで冷えますが、三重の寒さは 何でもないですよ。」 と、先生。 この湿気と厳しい寒さが、輪島塗に適しているのかもしれない。世界が認める 箱瀬先生の蒔絵 。 多種多様に展開する お重 や うつわ、椀など 存分にお楽しみ下さい。
2019年1月17日(木)~27日(日) 10:00-18:00<月・火曜休み> 最終日16:00迄

Hakose2019dmfb_2 Hakose2019kaijoukougou2

Hakose2019kaijounimonowan Hakose2019kaijoujuubako1

Hakose2019kaijou2 Hakose2019kaijou1

Hakose2019kaijou5a Hakose2019syuzai

2019年1月 1日 (火)

本年もよろしくお願い致します!

2018年山画廊30周年記念の21企画展をご覧いただき、ありがとうございました。
今年も23の企画展を予定しております。スタートは1月17日(木)から恒例の「箱瀬淳一 蒔絵・漆 展」の開催です。どうぞよろしくお願い致します。19113

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー